“申兼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まをしか40.0%
もうしか30.0%
もうしかね30.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
えゝ、申兼ねましたが、が、なりませぬ、目上のおに、もうもくらんでひましたとふのは、對手庄屋どのの、の。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「もし旦那様、何ともはや申兼ねましてございますが、はい、小用場へはどちらへ参りますでございますか、どうぞ、はい。……」
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「はいはい申兼ましたことなれど、この洗濯賃をにして、今日はまだ御膳頂戴きましねえ。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)