“不景気”の読み方と例文
旧字:不景氣
読み方割合
ふけいき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そうか、不景気だなあ。」と、父親は、ためをつきました。まだ、今日一人げてくれなかったのです。
青い草 (新字新仮名) / 小川未明(著)
こちらの不景気といってはおになりません。みんなは、あちらのをながめて、あのすとはあるというが、今年豊作らしきがいいという。
おかしいまちがい (新字新仮名) / 小川未明(著)
ある、たいそう不景気がきたときです。あわれな不具者が、この金持ちのちました。
船でついた町 (新字新仮名) / 小川未明(著)