おかしいまちがい
ある田舎に、一人の男がありました。その男は、貧乏な暮らしをしていました。 「ほんとうに、つまらない、なにひとつおもしろいことはなし、毎日おなじようなことをして、日を送っているのだが、それにも飽きてしまった。」 男は、そう思いました。そして、 …
作品に特徴的な語句
うち 何人なんにん しょう うえ 出会であ はた いそ ゆび きたな はん なか はい 出直でなお そと よる いえ あや にち あか のぞ 生活せいかつ えん はら はな つか あたま 一人ひとり した 不作ふさく 不平ふへい 世間せけん 二日ふつか ひと 人々ひとびと 人間にんげん 今年ことし 仕事しごと 仰向あおむ おれ はたら うち ふゆ まえ くち さけ こま くに 国境くにざかい はたけ こえ おお 大騒おおさわ うち 宿屋やどや さむ てら 小鳥ことり やま かえ 幾日いくにち かげ あと おも 愚痴ぐち ふところ さが 故郷ふるさと おし たび 旅費りょひ