べんがら炬燵べんがらこたつ
北がわの屋根には、まだ雪が残っているのであろう、廂の下から室内は、広いので、灯がほしいほど薄暗いが、南の雀口にわずかばかりつよい陽の光が刎ね返っていた。きのうにつづいて、終日、退屈な音を繰りかえしている雨だれの無聊さをやぶるように、地面へ雪 …
作品に特徴的な語句
うわ 退 しるし いい しょう しも とっ もと しん がたな ほど 口争くちいさか ひと にく すさ ぬの はず 一望ひとめ 白金しろがね なま たま しお 死期しご うれ 羞恥はにか 花瓶はないけ いくさ くつがえ こわ きれ おんな つか 一刻ひととき 馬蹄ひづめ かみ 下層した 二月きさらぎ 二言にごん 処刑しおき しろ 仲間ちゅうげん 佇立たたず しゃく 眉宇びう 黄昏たそがれ 眉目びもく 眼皺めじわ にら 研師とぎし すずり 高輪たかなわ 磔刑はりつけ 磯女いそじょ 磯貝いそがい 祐定すけさだ ろく 福音ふくいん ほど 飼人かいびと 笑顔えがお はし ふし 飄逸ひょういつ 粛然しゅくぜん 精進しょうじん 糺明きゅうめい みだ 納戸なんど 紙捻こより 終日ひねもす から 綺羅きら 縮緬ちりめん 美味うま ひたい うらや 耳縫みみぬ さかな はらわた あか ぜい 贔屓ひいき 赤穂あこう ひづめ