“飼人”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かいびと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“飼人”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、最後の準備をさせたのも、十郎左の殊勲しゅくんだと聞いているし、その夜、堀部安兵衛と裏門にまわって、得意の槍をふるって駈け入った武者振りやあの討入の騒動の中で、吉良家の飼人かいびとをとらえて、蝋燭に灯をともさせた落着きぶりも、十郎左の性格そのものだと聞いている。
べんがら炬燵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)