“彩虹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あやにじ50.0%
にじ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひさかたの彩虹ふりあふぎ今わがどちは夕餉
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
余はこの輪廓の眼に落ちた時、を逃れた月界嫦娥が、彩虹追手に取り囲まれて、しばらく躊躇する姿とめた。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)