“おびただ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オビタダ
語句割合
95.0%
夥多5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何時でもしい崇拝者の群れが——日本風に言うと狼連が——取り巻いて居るという噂も、深井少年は充分に知り尽して居りました。
焔の中に歌う (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
ましてこの竹生島の周囲は、深いことに於て、竹生島そのものが金輪際から浮き出でているというのだから、始末の悪いことしい。
荒縄を以て手足を々と縛られたまま投込まれたものと覚しく、色は蒼ざめ髪は乱れ、二目と見られぬ無残の体で、入水後已に幾日を経たのであろう、全身腐乱しての臭気夥多しい
河童小僧 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
市場を出た処の、乾物屋と思う軒に、真紅な蕃椒が夥多しい。……新開ながら老舗と見える。わかめ、あらめ、ひじきなど、の香もとした。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)