“誦:ジユ” の例文
“誦:ジユ”を含む作品の著者(上位)作品数
折口信夫3
釈迢空1
“誦:ジユ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さうして、時々声に出してジユする経のモンが、物のタトへやうもなく、さやかに人の耳に響く。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
さうして、時々聲に出してジユする經のモンが、物のに譬へやうもなく、さやかに人の耳に響く。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
さうして、時々聲に出してジユする經のモンが、物のに譬へやうもなく、さやかに人の耳に響く。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)