“ジユ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:じゆ
語句割合
75.0%
25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さうして、時々声に出してジユする経のモンが、物のタトへやうもなく、さやかに人の耳に響く。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
さうして、時々聲に出してジユする經のモンが、物のに譬へやうもなく、さやかに人の耳に響く。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
応仁の焼亡の後、尾薄命婦の社も、或は黒尾も此まで同様、祠は建てられなくなつて、神体の石ばかりが残つて居り、再、稲荷の社が興隆した頃には、名も存在も、人から忘れ去られて、さしもの命婦たちも、荼吉尼をジユする験者に誘はれて、旅の空にさすらひ出で
狐の田舎わたらひ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)