“諷誦文”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふうしょうぶん50.0%
ふうじゅもん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“諷誦文”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
たとえば、妙恵の追善にしても、その諷誦文ふうしょうぶん悼辞とうじ)は、自身が親しく筆をとっていた。その文は「歴代鎮西要略」にあるが、ここでは略す。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
寂心は長保四年の十月に眠るが如く此世を去ったが、其の四十九日に当って、道長が布施を為し、其諷誦文ふうじゅもんを大江匡衡が作っている。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)