“篆書体”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんしょたい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“篆書体”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こういう篆書体てんしょたいの字劃も、寛永や元和頃なら、もう日本へ篆書の本が渡っているので、あってふしぎはないな。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
けれど仔細に見ると、同じ鼎形なり額形の「二天」とある篆書体てんしょたいの印も、決して一様でないのである。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)