“篆書崩”の読み方と例文
読み方割合
てんしょくず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尤も一枚こっきりのいわゆる常上着晴着なしであったろうが、くリュウとした服装で、看板法被篆書崩しの齊の字の付いたおえ然たる乗廻
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)