“粟粒結核”の読み方と例文
読み方割合
ぞくりゅうけっかく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は直ちに氷嚢をえて冷やしてやり、例の内科の友人に来てもらいました。私が友人から病名をきいた時の心持は、今から思ってもぞっとします。即ち友人は、立派な粟粒結核だと申しました。
人工心臓 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)