“語気”のいろいろな読み方と例文
旧字:語氣
読み方割合
ごき71.4%
いいかた14.3%
ことば14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
猛然立ちあがった糟谷はわが子を足もとへし、ところきらわずげんこつを打ちおろした。芳輔はほとんど他人とけんかするごとき語気態度反抗した。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
八郎が剥身屋の親仁に軽く会釈をしたが、その語気は、故郷人に対するみぶりか、かえって他人がましい行儀だてだか、分らないうちに、を離れて、辻で人ごみを出る内儀と一所になった。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
『実は今夜少しばかり話がありますから、それでお泊りなされというのだから、お泊りなされというたらお泊りなされ』と語気がややろうなって参りました。舌も少し廻りかねるでございました。
女難 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)