“到處”の読み方と例文
新字:到処
読み方割合
いたるところ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ろしく潔癖見窄らしい草木地上りつけた。人間りたものはでもでも人間りて到處をからりとさせる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
禿山渇水を到處に造り出して、土地の氣候を惡くし、天候を不調にし、一朝豪雨あるに至れば、山潰え水漲りて、不測の害を世間にるに至るではないか。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
少し間のびた顏をしてゐる者があツたら、突倒す、踏踣す、噛付く、かツふ、る、く、慘たる惡戰だ。だからとが到處充滿になツてゐて、東京には塵埃が多い。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)