“左翼戦線”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
レフ66.7%
レーヴィフロント33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“左翼戦線”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だから、自分が主として組織していた「左翼戦線レフ」を、「革命戦線レフ」と改めた。
ソヴェト文壇の現状 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
未来派の詩人であったマヤコフスキーが、これまで同伴者風な詩人たちの組織としてもっていた「左翼戦線レフ」を発展させて「革命戦線」とし、ロシア・プロレタリア作家同盟に参加した。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
左翼戦線レーヴィフロント」を「革命戦線レヴォルチョンヌイ・フロント」とし、ロシア・プロレタリア作家同盟に参加するために、この靴はどんなにいそいでモスクヷの冬から春への鋪道を歩いたことだろう。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)