“放蕩無頼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほうとうぶらい92.9%
ほうたうぶらい7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
侠者子路はまずこの点で度胆かれた。放蕩無頼の生活にも経験があるのではないかと思われる位、あらゆる人間へのい心理的洞察がある。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
ところが不幸にもその養子になった男が放蕩無頼の徒で、今まで老婆が虎の子の様な溜めておいた金を、何時しか老婆をし浪費して
暗夜の白髪 (新字新仮名) / 沼田一雅(著)
「そいつは野暮だよ。浪人者に舊主をきくのは、新規召抱への時と限つたものだ——浪人したわけはこの平田源五郎は放蕩無頼のためといふことだ」