人生論ノートじんせいろんノート
近頃私は死というものをそんなに恐しく思わなくなった。年齢のせいであろう。以前はあんなに死の恐怖について考え、また書いた私ではあるが。 思いがけなく来る通信に黒枠のものが次第に多くなる年齢に私も達したのである。この数年の間に私は一度ならず近親 …
作品に特徴的な語句
よそ 虚無むなしき とど 如何どう 青山せいざん かか かけ へん いましめ ゆだ におい あらかじ ふる ゼロ ため 揺籃ようらん とど かつ にぎや 嘲笑ちょうしょう あやまり まか もう 対蹠たいせき たくみ じょ おこ うれ ほとん 智慧ちえ 比喩ひゆ 気紛きまぐ 永劫えいごう なんじ 泡沫ほうまつ 洗煉せんれん 活溌かっぱつ 流転るてん 混淆こんこう 滲透しんとう 濫用らんよう 濫費らんぴ はげ 焦躁しょうそう 爛漫らんまん 狡猾こうかつ 獅子しし 益々ますます 相貌そうぼう 瞑想めいそう 矜持きょうじ まつ わざわい まれ 空疎くうそ はず 範疇はんちゅう つむ たま 綜合そうごう つな まと 羈絆きはん 羨望せんぼう ふけ 肉慾にくよく のが もたら せめ おご ひるがえ 風采ふうさい 風貌ふうぼう あら 頽廃たいはい くび 須臾しゅゆ かばん 震盪しんとう いえど 阿諛あゆ おもね やみ 関聯かんれん しず かぎ かえ はる つい すべ 虚妄きょもう とりこ 虐殺ぎゃくさつ 見出みいだ
題名が同じ作品
人生論ノート (旧字旧仮名)三木清 (著)