“悲哉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かなしいかな50.0%
かなしや50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“悲哉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
交際にかけては銭金ぜにかねおしまんでありますが、なさけない事には、遣方やりかた遣方やりかたゆえ、身分、名誉ある人はよッつきませんで、悲哉かなしいかなその段は
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
不埓ふらちをんなめツ」とわたくしくちびるんだ、が、悲哉かなしやわたくし其道そのみちにはまつたくの無藝むげい太夫たゆう