“悲鳴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひめい97.1%
なきごゑ2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うん。……まごまごしてゐるうちに自轉車は速くなる、ころぼたつて、もうころぶわけにもいかない、そこで助けてくれえと悲鳴
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
そのうちに、またたちまち悲鳴をあげて、いかごのした。あちらで、はやぶさが、こまどりをにらんでいたからです。
美しく生まれたばかりに (新字新仮名) / 小川未明(著)
小供等さへ高い声も立てない。時偶、胸に錐でも刺された様な赤児悲鳴でも聞えると、隣近所では妙に顔を顰める。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)