“穿物”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はきもの94.3%
はくもの5.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
穿物を、だしてください」沈着に、静かなことばで、そういうのであったが、さすがに心のうちでは胸が痛いほど案じられているらしい。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
船中の混雑は中々容易ならぬ事で、水夫共は皆筒袖の着物は着て居るけれども穿物草鞋だ。草鞋が何百何千も貯えてあったものと見える。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
百樹曰、北越に遊びて牧之老人が家に在し時、老人家僕じて雪を形状を見せらる、京水にありて此図をり。穿物は、○なり。
百樹曰、北越に遊びて牧之老人が家に在し時、老人家僕じて雪を形状を見せらる、京水にありて此図をり。穿物は、○なり。