“困悶”の読み方と例文
読み方割合
こんもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当人は人一倍困悶したが、何様も病気には勝てぬことであるから、暫く学事を抛擲して心身の保養にめるが宜いとの勧告に従つて
観画談 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
切詰めた予算だけしか有しておらぬことであるから、当人は人一倍困悶したが、どうも病気には勝てぬことであるから、く学事を抛擲して心身の保養にめるがいとの勧告に従って
観画談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
二十九日、汽車の中に困悶してかにり、午後東京にくも着きぬ。
突貫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)