“鹽漬”のいろいろな読み方と例文
新字:塩漬
読み方割合
しほづけ80.0%
しほづ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
では「いたどり」や「すいこぎ」がべられましたが、あの「すいこぎ」のつててお鹽漬をしてぶこともありました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
味噌汁人參、じやが、青豆差味胡瓜烏賊のもの。蒸燒松蕈土瓶蒸のもの。青菜鹽漬菓子
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それで狩獵でとつては、鹽漬けとして保存されるし、やその流動物れて、自由ぶことも出來るようになりました。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)