“差味”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さしみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“差味”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
たひ差味さしみ
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
春葉しゆんえふはこれよりさき、ぐぢ、と甘鯛あまだひ區別くべつつて、葉門中ゑふもんちう食通しよくつうだから、よわつたかほをしながら、しろ差味さしみにわさびをかして苦笑くせうをしてた。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)