“寺中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じちゅう63.6%
じちう9.1%
ぢちう9.1%
てらうち9.1%
ジチユウ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旅棺というのは、旅さきで死んだ人を棺にめたままで、どこかの寺中にあずけておいて、ある時期を待って故郷へ持ち帰って、初めて葬を営むのである。
世界怪談名作集:18 牡丹灯記 (新字新仮名) / 瞿佑(著)
寺中ツの小堂あり。甲胄堂といふ。
甲冑堂 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
其頃岡崎から程近黒谷寺中一室を借りて自炊し、此処から六条の本山つて役僧首席を勤めて居たが、亡くなつた道珍和上とも知合であつたし、う云ふ碩学本山でもいた和上
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
彼らは本国寺の寺中へ入って行くから、兵馬は寺の門をらず、しばらく遠のいて、門の中を見張っていると、ほどなく井村と新参の浪士と二人は面の相好を崩して門を出て来ましたが
日は仲春、空は雨あがりの、やかな朝である。高原の寺は、人の住む所から、ら遠く建つて居た。唯凡、百人の僧俗が、寺中に起き伏して居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)