“自炊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じすい86.7%
じすゐ13.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
海浜に近い野原の片隅にトラックを入れるバラック小屋を建て、その横に四畳半の一部屋をこしらえて其処に起き臥し、不自由な自炊をした。
糞尿譚 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
お君さんのいる二階には、造花の百合や、「藤村詩集」や、ラファエルのマドンナの写真のほかにも、自炊生活に必要な、台所道具が並んでいる。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
そして日々飯米つて勝手へ出す時、紙袋に取り分け、味噌などを添へて、五郎兵衛が手づから持ち運んだ。それを親子炭火自炊するのである。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
其頃岡崎から程近黒谷寺中一室を借りて自炊し、此処から六条の本山つて役僧首席を勤めて居たが、亡くなつた道珍和上とも知合であつたし、う云ふ碩学本山でもいた和上
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)