“唯凡”の読み方と例文
読み方割合
タダオヨソ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日は仲春、空は雨あがりの、やかな朝である。高原の寺は、人の住む所から、ら遠く建つて居た。唯凡、百人の僧俗が、寺中に起き伏して居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)