二百十日にひゃくとおか
空高く羽虫を追いかけていたやんまが、すういと降りたとたんに、大きなくもの巣にかかってしまいました。しまったといわぬばかりに、羽をばたばたして逃げようとしたけれど、どうすることもできませんでした。 縁先で、新聞を読んでいたおじいさんは、ふと顔 …
作品に特徴的な語句
みっ ぐる うえ てん ただ めん みつ ぶん 祖父そふ いそ あた なか 魚捕さかなと にん ぶか 今日きょう あお あたま おと さき ひか しょう はい 隣家りんか 物干ものほ かい ゆう あいだ もん 明日あした 土曜どよう ほう 夕風ゆうかぜ そと よる はな いえ たい くみ 性質せいしつ きゅう くる つよ かれ 往来おうらい みず くろ あら 無理むり 燈火あかり もの ひと 用意ようい はたけ つか いた のぼ しろ 眠入ねい 眼鏡めがね 着物きもの 知恵ちえ みじか あき 種子たね あな そら 空想くうそう はし わら いと 緑色みどりいろ 縁先えんさき はね 羽虫はむし かんが みち おも
題名が同じ作品
二百十日 (新字新仮名)夏目漱石 (著)