“人情噺”の読み方と例文
読み方割合
にんじょうばなし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私はとうとう益さんの野中の一本杉というものをかずにしまった。今考えると、それは何でも講釈か人情噺の一節じゃないかしらと思う。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
圓朝師が在世中、数百の人情噺を新作いたしました事は皆様が御承知であります。本篇は師が存生中筋々にお話しになりました記憶のを申上ぐる次第であります。
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
円朝人情噺に出て来る女が、長い火箸を灰の中に突き刺し突き刺し、されたを述べて、相手を困らせるのとほぼ同じ態度でまた同じ口調であった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)