“人情本”の読み方と例文
読み方割合
にんじやうぼん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蘿月は色の白い眼のぱつちりした面長長吉と、円顔口元愛嬌のある眼尻つたおとの、若い美しい二人の姿をば、人情本の作者が口絵意匠でも考へるやうに
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)