“人情話”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にんじょうばなし50.0%
はなし50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
未落語家三遊亭圓朝氏が人情話の巧に世態を穿ち妙に人情を尽せるにず、其の人の感情を動す頗る優劣ありとんとす、嗚呼圓朝氏をして欧米文明の国に生れしめば、其の意匠の優れたる
松の操美人の生埋:01 序 (新字新仮名) / 宇田川文海(著)