“糞人情”の読み方と例文
読み方割合
くそにんじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
心を励まし、気をらげ、時と場合では、取っ組み合いの危険を犯さなければならぬということを知っている。さもないと、余計な糞人情がひょこり頭を持ち上げる。卑怯になる。暇つぶしだ。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)