“人情咄”の読み方と例文
読み方割合
にんじょうばなし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われ講釈と落語に新しき演劇風の朗読を交へ人情咄に一新機軸をさんとの野心を抱き、その頃朝寝坊むらくと名乗りし三遊派の落語家の弟子となりし事もあり。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
なまけ学生だったに違いないのは、本箱に入れてあるものは、三遊亭円朝作の人情咄だった。
役者の似顔絵で知られていた絵双紙やの、人形町の具足屋では、「名物人気揃」と題して、人情咄の名人三遊亭円朝や、大阪初登り越路太夫(後の摂津大掾)とならべて綾之助の似顔をりだした。
竹本綾之助 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)