“白石噺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しらいしばなし66.7%
しろいしばなし33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このお話の舞台はに奥州筋ですから、出る役者はみんな奥州弁でなければならないんですが、とんだ白石噺の揚屋のお茶番で、だだあやがあまを下手にやり損じるとってお笑いぐさですから
半七捕物帳:33 旅絵師 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
式三番叟碁盤太平記白石噺三の切り。小倉色紙。最後に。このうち式三番叟と小倉色紙に出る役と、その二役は仙十郎が引きうけ、戻り籠に出る難波治郎作の役は鶴松がすることになった。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「それが、その奥州路の探し物ってなあ何だね。まさか、飛んだ白石噺の仇打ちという時代めいた話でもあるめえ。」