“たんそく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
歎息69.8%
嘆息29.4%
短促0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明日の晩はもうお前の声も聞かれない、世の中つて厭やな物だねと歎息するに、それはお前の心がらだとて不満らしう吉三の言ひぬ。
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その上あたりは墓の中のようにしんと静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ罪人がつく嘆息ばかりでございます。
蜘蛛の糸 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
とお祖父さんは椎の木一本にも生先短促を覚えているのだった。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)