“岩丈”の読み方と例文
読み方割合
がんじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
植込からぬっと顔を出したのは、岩丈造りの半白の老人、浩一郎をねめ廻して、陽子の手を取らぬばかり植込の方へ引き戻そうとします。
古銭の謎 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
笹村は比較的骨格の岩丈な妻の体について、これまで病気を予想するようなことはめったになかった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
焼麩一つ投ずれば、折重りて群れを成し、噞喁の集団を波際に形作る程に飼ひ馴らせる鯉なれば、之を釣り挙ぐるに、術も手練も要すべき筈なく、岩丈の仕掛にて、力ッこに挙げさへすれば
東京市騒擾中の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)