“競技”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゲーム25.0%
コンクール25.0%
きほひわざ12.5%
きょうぎ12.5%
きようぎ12.5%
スポルト12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちやんはらうとしましたが、女王樣のおくにえたので、如何なることかとほも競技てゐました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
この際どい競技にみごとに警視庁が勝をしめ、皇帝を無事にホテルに返す事が出来るだろうか。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
あるときは、生徒たちが、二組かれて、競技をしたことがあります。
学校の桜の木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
これがために運動や、競技や、登山など生活することがはやり、ひいては森林世人休養保健のため利用すること、つまり森林公園として利用することがんになつたわけです。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
競技かなんぞのようにやる天才養成」(quasisportmässig gehandhabte Begabetenzüchtung)
アインシュタインの教育観 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)