“無尽”の読み方と例文
旧字:無盡
読み方割合
むじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『御内方には、頼母子講のようなものに入っておいでないのか。月々、懸金をして、何ぞの場合にめて取る無尽と申すあれなどには』
死んだ千鳥 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だかこはいやうね。——さうさう、いつかあつたぢやないの? 千円かの無尽にあたつて発狂したといふおぢいさんが……」
(旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
權「はい、あのくらい運のい男はねえてね、民右衞門さまでございましょう、無尽が当ってに村の年寄役を言付かったって」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)