“競爭”のいろいろな読み方と例文
新字:競争
読み方割合
きやうさう57.1%
レース14.3%
きゃうさう14.3%
きようそう14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
外國市場他國品競爭位置にある場合爲替相場下落めに日本品競爭つてれることは時々經驗したである。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
余輩はんとするのものは』と憤激してドードひました、『吾々かせる唯一方法候補競爭西洋ごつこ)である』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
マーキュ いや、こんな阿呆らしい拔駈競爭最早中止ぢゃ。何故へ、足下最初からぬけてゐるわ。と、頭拔けた洒落であらうが。
軍艦兵隊では競爭出來なくとも、かうしたものでけないでかうといふのです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)