“頭拔”の読み方と例文
新字:頭抜
読み方割合
づぬ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
マーキュ いや、こんな阿呆らしい拔駈競爭最早中止ぢゃ。何故へ、足下最初からぬけてゐるわ。と、頭拔けた洒落であらうが。
けばき、躓いては踠き、揚句に首も廻らぬ破目に押付けられて、一夜頭拔けて大きな血袋麻繩にブラ下げて、くもい體となツて了ツた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
ロミオ 成程愚鈍者事にかけては、足下生得頭拔けてゐる。