“内俯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うつぷし50.0%
うつふ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この心を知らずや、と情極りて彼のくが手に取る如き隣には、貫一が内俯擦付けて、巻莨の消えしをげたるままにはれるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
こは何事とける貫一は、身をもあらず三つ四つ撃れしが、に取つて抑へて両手を働かせじと為れば、内俯に引据ゑられたる満枝は、物をも言はで彼の咬付いたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
可憐き束髪の頸元深く、黄蘖染半衿紋御召二枚袷を重ねたる衣紋づ謂はんやう無く、肩状内俯したる金茶地東綴の帯高く、勝色裏敷乱れつつ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)