“紋御召”の読み方と例文
読み方割合
もんおめし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可憐き束髪の頸元深く、黄蘖染半衿紋御召二枚袷を重ねたる衣紋づ謂はんやう無く、肩状内俯したる金茶地東綴の帯高く、勝色裏敷乱れつつ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
貴族院議員の愛娘とて、最も不器量めて遺憾なしと見えたるが、最も綺羅を飾りて、その起肩紋御召三枚襲ぎて、帯は紫根七糸百合折枝縒金盛上にしたる
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)