“しをら”の漢字の書き方と例文
語句割合
可憐100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
満枝は惜まず身をして、彼の前にぐる可憐しさよ。貫一は如何にともる能はずして、いたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
切なりと謂はばめて切なる、可憐しと謂はば又極めて可憐き彼の心の程は、貫一もいと善く知れれど、を愛するのちに蛇蝎に親まんや
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)