“かれん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カレン
語句割合
可憐98.8%
苛斂0.8%
花蓮0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが要点は、この素朴ないし可憐な宣言、あるいは願望のうちに、どの程度までチェーホフの本音を認めるか——ということにある。
年貢苛斂だったためと、解せられたのにも根拠はあるが、今一つの理由は、是が本来はれの日の食物であったことで、年に幾度の節日祭日、もしくは親の日・身祝い日だけに
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
花蓮港に私の伯父がいて、私を招いてくれたのである。うまい汽車弁当とは、その帰路の話だ。
腹のへった話 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)