“對馬守”の読み方と例文
新字:対馬守
読み方(ふりがな)割合
つしまのかみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“對馬守”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さて夜が明けてから、一成、内藏允が黒田家の行列を立てゝ品川口に掛かると、番所から使者が來て、阿部對馬守つしまのかみの申付である、黒田殿には御用があるによつて一先ひとまづ東海寺へ立ち寄られたいと云つた。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)