“宗対馬守”の読み方と例文
読み方割合
そうつしまのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
本当の名は金光山大覚寺というのですが、宗対馬守の息女養玉院の法名を取って養玉院と云うことになりました。この寺に高尾の碁盤と将棋盤が残っているのを御存じですか
半七捕物帳:67 薄雲の碁盤 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
石川日向様は横に長くて、この一構が通りを距てて宗対馬守と大関信濃守の二棟に当る。
もっともはるか東北の方には藤堂和泉守や酒井左衛門尉や佐竹左京太夫や宗対馬守の、それこそ雄大な屋敷屋敷が、長屋町家を圧迫して月夜の蒼白い空をして、そそり立ってはいたけれど……。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)