“キリスト”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:きりすと
語句割合
基督97.6%
基理蘇督0.6%
救世主0.6%
自分0.6%
預言者0.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは実に十九世紀後半までの大勢であって、宗教の如きも基督キリスト教以外に真宗教無しとし、他の宗教者を目するに異宗徒ヒーゼンを以てした。
日本の文明 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
早くから奥様とお子さんをおくしになってから熱心な基督キリスト教信者となって、教育事業に生涯を捧げると言っておられる立派なお方です。
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
信仰であった。——忠興ただおきの弟、興元も奉じているし、良人の友人で高槻たかつきの城主たる高山右近も入教している基督キリスト教であった。
さうしてその十字架の上には、稚拙ちせつな受難の基督キリストが、高々と両腕をひろげながら、手ずれた浮き彫の輪廓を影のやうにぼんやり浮べてゐた。
南京の基督 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
どんな苦しい事に出会ったにしろ世の中を又は人を恨まず自分のする事だけをまじめにして行くと云うのは基督キリスト信徒にかぎらず大切な事だと思った。
階段の下の廊下には、大きな裸男の彫像があった。基理蘇督キリストの像か何か三助は知らない。三助はつい珍しげに見まわしていた。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
われち、とりぶやうに、ばら/\ると、さすがは救世主キリストのお乳母うばさん
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
マリアの油はキリストにとって無限の意味と鼓舞とをもっていたと思います、だから、誰かが、そんなことをさせて、と非難がましく云ったとき、キリストは、マリアは自分キリストに迫っている危機を感じてしているのだから放っておけ、と云ったのでしょう。
彼奴あいつはイエスだ、ただイエスだ。なんの彼奴が預言者キリストなものか! 預言者よげんしゃなら助けを乞うはずはない。例の得意の奇蹟というので、さっさと難を遁れるはずだ。しかし」と彼は考え込んだ。
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)