“キリスト”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:きりすと
語句割合
基督97.5%
基理蘇督0.6%
救世主0.6%
自分0.6%
預言者0.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孔子の「ならい」、基督キリストの「罪」、釈迦の「ごう」等いう言葉は、この意味を含んでいはしまいかと思われる。
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
その甲斐があって、彼は非常に感激して、後には別人のようになり、基督キリスト教信者になって、真面目に勉強するようになった。
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
階段の下の廊下には、大きな裸男の彫像があった。基理蘇督キリストの像か何か三助は知らない。三助はつい珍しげに見まわしていた。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
われち、とりぶやうに、ばら/\ると、さすがは救世主キリストのお乳母うばさん
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
マリアの油はキリストにとって無限の意味と鼓舞とをもっていたと思います、だから、誰かが、そんなことをさせて、と非難がましく云ったとき、キリストは、マリアは自分キリストに迫っている危機を感じてしているのだから放っておけ、と云ったのでしょう。
彼奴あいつはイエスだ、ただイエスだ。なんの彼奴が預言者キリストなものか! 預言者よげんしゃなら助けを乞うはずはない。例の得意の奇蹟というので、さっさと難を遁れるはずだ。しかし」と彼は考え込んだ。
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)