“繩目”のいろいろな読み方と例文
新字:縄目
読み方割合
なはめ50.0%
なわめ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
繩目にて跑踞る同人妻せん與惣次も平伏なし何れも遠國片田舍の者始めて天下の決斷所へ召出されめの大砂利敷詰雨覆
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
付け種々に惡口申候何分勘辨なりがたく久兵衞を切捨んと存じ候御加役方笠原久米之進殿に召捕れ繩目恥辱
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
が、いくら身悶えをしても、體中にかかつた繩目は、一ひしひしとるだけです。わたしははずへ、ぶやうにりました。いえ、らうとしたのです。
藪の中 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)