“大伴坂上郎女”の読み方と例文
読み方割合
おおとものさかのうえのいらつめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたしばかりがあなたを恋している、あなたがわたしを恋するというのは口先の気休めに過ぎぬという大伴坂上郎女みも、そこから解せられなくてはなるまい。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
此は民謡風な読人不知の歌だが、後に大伴坂上郎女が此歌を模倣して、「青山を横ぎる雲のいちじろく吾とまして人に知らゆな」(巻四・六八八)という歌を作った。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
この時代の作家としては山上憶良、山部赤人、大伴家持、大伴坂上郎女笠女郎のごときがあり、歌の内容はますます複雑に、技巧はますます精練せられた。たとえば
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)