“笠女郎”の読み方と例文
読み方割合
かさのいらつめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
笠女郎(伝不詳)が大伴家持に贈った三首の一つである。「真野」は、今の磐城相馬郡真野村あたりの原野であろう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
この時代の作家としては山上憶良、山部赤人、大伴家持、大伴坂上郎女笠女郎のごときがあり、歌の内容はますます複雑に、技巧はますます精練せられた。たとえば
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
笠女郎が大伴家持に贈った廿四首の中の一つである。平山は奈良の北にある那羅山で、其処に松が多かったことは、「平山の小松がの」(巻十一・二四八七)等の歌によっても分かる。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)